着物の足元は大事です。

着物に合わせる草履には草履下駄があります。

草履よりも下駄のほうがカジュアルな印象ですが、どちらを選ぶかは好みです。

草履や下駄を履くと見える面積が少なくなりますが、カジュアル着物に合わせるなら少し派手な色の台や鼻緒も良く似合います。

足に合わない草履だと疲れてしまうのは着物も洋服も同じです。

最初は靴とは違う感覚に戸惑うかもしれまんが、履いていると実は靴よりも楽な事に気付くはずです。

なお、お店ではすぐ履ける状態で売られていますが履物の専門店へ行くと好みの台と鼻緒を選んで足に合う状態に仕上げてくれるはずです。

鼻緒が痛んだら、新しい鼻緒にすげ替えられ、台も修理して長く履けるのが魅力のひとつです。

お気に入りのお着物と一緒に小物も揃えていってみては、いかがでしょうか?

着物を着る事で普段と同じ日常が、きっと違う景色に見えるはずです♪
是非お試しください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。